0198-492-3870 [email protected]

音楽とギャンブルの相性はとても良いです。ケニー・ロジャースの「ギャンブラー」やレディー・ガガの「ポーカーフェイス」など、多くの素晴らしいヒット曲は、ギャンブルからインスピレーションを得ています。たまにギャンブルをするミュージシャンから、ギャンブルに熱中するミュージシャンまで、多くのギャンブル好きのミュージシャンがいます。ギャンブルが原因で破滅してしまったミュージシャンもいるほどです。

ここでは、ギャンブルの経験がある5人の有名ミュージシャンをご紹介します。第1位はフランク・シナトラです。シナトラは50年台の人物で、ミュージシャン、俳優、そして有名な「ラット・パック」のメンバーとして知られています。彼は今の瞬間を大切にし、人生を楽しんだ人物です。最近では、犯罪者との繋がりも指摘されていますが、ここではそれには触れず、彼が熱狂的なギャンブラーであり、ラスベガスのカジノで何時間も過ごしたことで有名です。

第2位はレミー・キルミスターです。モーターヘッドのリーダーでもあったレミーは、大変興味深い人物でした。彼は多くのことに情熱を捧げましたが、ギャンブルもそのひとつです。レミーはポーカーが好きで、なかなかのプレイヤーでしたが、一番のお気に入りはスロットで、彼が主題となったドキュメンタリーでは、ギャンブル漬けの日々を回想しています。

第3位はネリーです。彼は有名なラッパーで、大のギャンブル好きとして知られています。ポーカーが得意中の得意で、2007年のワールドシリーズオブポーカーのトーナメントにも出場したとの報告があります。このトーナメントには大物プレイヤーのみが出場できるので、すごいことです。

第4位はジャスティン・ビーバーです。ジャスティンが10代のスターだった頃、プレッシャーへの対処法がわからず、辛い日々を過ごしていたときに、ドラッグとギャンブルを始めました。彼はとても衝動的なプレイヤーで、カジノで大金を失いました。

最後にご紹介するのは、シーロー・グリーンです。有名なラッパーである彼は興味深いライフスタイルで知られており、ギャンブルはその中でも重要なものとなっています。彼のお気に入りはダイスゲームです。ダイスゲームはカジノでも屈指のダイナミックなゲームですので、この有名なラッパーがダイスゲームのファンであっても不思議ではありません。